*

Swiftがブラウザで動くんです。「IBM Swift Sandbox」

   

Swiftがブラウザ上で確認ができるようになったようです。

IBM Swift Sandbox

操作も簡単。

Swiftコードを左側のSOURCE CODEに入力。

そして中央上部にある「RUM」ボタンを押下すると、結果が右側の「RESULTS」のOutputに表示されます。

Swiftを気軽に試せる!

このIBM Swift Sandboxは気軽にSwiftを試せるのが素敵ですね。

煩雑な初期設定が不要なので、Swiftが気になっていたけど、Xcodeをインストールするのにためらっていた人や、
Windowsユーザーの人には是非試して頂きたいですね。

とはいえ、さすがにIOSライブラリは使えません。

iOSライブラリが使えれば、疑似的にiPhoneアプリも作れるので、もっと素敵なんですけどね。

 - Swift