*

AWS Linuxインスタンスの日本時間への変更

   

仕事でAWSのEC2を使っています。

OSのAmazon Linuxですが、インスタンスを作成した当初は時間がUTCとなっています。

なので、サクッとそこをJST(日本時間)にへ変更します。

$ date
Thu Oct 29 01:52:47 UTC 2015
$ln -sf /usr/share/zoneinfo/Japan /etc/localtime
$ date
Thu Oct 29 10:54:09 JST 2015

UTCって何?

そういえばUTCってそもそも何だろうと調べてみると、UTCとは協定世界時と訳される世界共通の標準時間なんですね。

世界各地の標準時は協定世界時 (UTC) を基準として決めている。例えば、日本標準時 (JST) は協定世界時より9時間進んでおり、「+0900 (JST)」のように表示する。
〜Wikipedia〜

あれ?でも、時間の基準といえば、「グリニッジ標準時」というフレーズが頭の中に出てきますけど・・・・。

グリニッジ標準時(GMT)との違いって?

GMTはかつての世界時で、天文観測に基づいた時間。

ただセシウム原子を使った高精度な原子時計が開発されると、地球の自転速度にはふらつきがあって、GMTは決して正確ではないことがわかります。

じゃあ原子時計の時間(原子時)を使おうぜ!となるかと思うと、それだと今度は原子時とGMTの間で100年で18秒ほど誤差がでてしまいます。

原子時が正確すぎるからこその問題ですね。

そこで、原子時に閏秒で調整をかけ、GMTとの誤差が0.9秒以上にならないようにしたのがUTCだそう。

時間の基準は高精度ながら、世界時間とのギャップがないようにした、GMTと原子時のハイブリッドな時間なんですね。

参考資料:http://citizen.jp/cs/faq/ans/gmt_utc.html

 - AWS, SE