*

Swiftで”Hello World!”を出してみた

   

swift-book

iOS8の発表がされました。

同時に新言語がSwiftの発表がされ、既に話題になっていますね。

アップル、新プログラミング言語Swiftを発表。レガシーを廃して高速化したiOS/OS X開発用

私も寝耳に水でした。

ただドキュメントをみる限り、Objective-Cよりも使いやすい様子。

そこで、開発者用にXcode6 betaが公開されましたので、試しに”Hellow World!”を出してみようと思いました。

XCode6 betaのダウンロード

開発者の方はAppleからメールでお知らせが来ているかと思います。

まずはiOS Dev Centerにアクセスします。

サインインをするとトップページのiPhoneマーク下の方に「iOS 7 SDK」「iOS 8 beta」の2種類の文字が書かれています。

最初は 「iOS 7 SDK」が選択状態になっていますので、「iOS 8 beta」をクリックしましょう。

すると、ウィンドウの下にiOS 8に関連する各種情報が表示されます。

そして、スクロールを下に進めていくと、XCode 6 beta のダウンロードボタンが出てきますので、こちらをクリックしてダウンロードします。

インストールはダウンロードされた「xcode_6_beta.dmg」を選択すればOKです。

ちなみにXcode 5が既にある場合でも、Xcode6 betaは別にインストールされるので、既存への影響はありません。

Swiftでプロジェクト作成

Xcode 6 beta をインストールしたら、起動します。

最初にplayLaundのような画面が出てきますが、私はとりあえずスルーしました(汗)

後は、Menuバーから、File>New>Projectを選択。

おなじみの選択画面がでてきますので、「Single View Application」を選択して、Nextボタン。

すると、次にProjectの名前を入力する画面に切り替わります。

ここに、Language項目があり、ここで「Swift」か「Objective-C」のどちらの言語を使用するかが選べます。

今回は「Swift」にして、プロジェクト名を適当に入れて、Nextボタン。

保存場所を聞かれるので、所定の場所を指定して、Createボタン。

すると、プロジェクト画面が表示されます。

AppDelegate、ViewControllerのファイルがありますが、.h,.mではなく、.swiftという拡張子になっています。

また、ファイルも各一つだけです。

これだけでもだいぶスッキリした印象です。

SwiftでHello World!

ViewController.swiftを選択します。

ViewController.swiftでは、ViewControllerクラスが定義されていて、
override func viewDidLoad() 、override func didReceiveMemoryWarning()の
2種類のメソッドが記載されています。

override func viewDidLoad()の{}の中に、

println("Hello World!")

を記述します。

早速実行してみましょう。

iOS シュミレーターが起動して、ログに「Hellow World!」と出ました。

Swiftは使い勝手がよさそう

単純に”Hellow World!”を出してみただけですが、それだけでもObjective-Cよりも使いやすい印象を受けました。

特に、今からiPhoneの開発にチャレンジしたいと思っている方は、是非デベロッパー登録をして、Swiftを勉強した方がよいと思います。

APIもいろいろと公開されるそうなので、今後もいろいろ試してみたいと思います。

 - objective-c, Swift, Xcode