*

実践で使えるAWSの機能は?それがわかる本

   

Amazon Web Services実践入門を読みました。

AWSを今の会社で使い始めて2ヶ月。

手探りであーでもないこーでもないと泥の中を手探りで進んで、

ようやく形になりつつあるところで、ここで経験したAWSの知識を踏まえて、改めて体系的な学習をしたいなと思い、手に取りました。

より実践的に使うためのツールや方法が紹介されている

読んで思ったのが、流れがわかりやすい。

機械的に機能だけを説明していくのではなく、インスタンスを作る、VPCを設定する、セキュリティグループを作る等、実践の作業に沿った形で書かれているので、順を追って理解をしていくことができます。

AWS CLIにも対応している。

AWSではGUIで基本操作しますが、それだと煩わしいと思う人はCLIを使っているかと思います。

このCLIもなかなかドキュメントがないのですが、ここではCLIについてもきちんと記述がされています。

もちろんGUIも操作する記述のところでは、ボタンのマークが違っていたりと、ビジュアルですぐに気が付くようになっています。

実践として使える様々な機能が紹介されている。

AWSの数ある機能の中で実践として使える機能を紹介しているので、こんな機能があるのかと、目から鱗なものがいくつかありました。

AWSの機能は多いのでどれを使ってどれを使わないか、最初戸惑うかもしれませんが、この本の中で書かれている構成を参考にするとわりとスタンダードな構成ができるかもしれません。

PCの横に置いておきたい本

やはり実践入門ということで、各機能について深く突っ込んだないようではありません。

私も2ヶ月の苦労が文章化されていて、これはもう少し早く読んでおけばよかったと後悔しました。

ただ、知識は本を読むだけでは身につきません。

本書を読みつつ、実際にAWSを動かしてみるのが、一番覚える近道だと思います。

そういう意味で、この本はPCの横に置いておきたい本ですね。

 - AWS